無料メールマガジン   バックナンバー

『FPビジネスは楽しい!』 2012/06/26

いつもメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。

■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■

 

     『FPビジネスは楽しい!』       2012/6/26

 

■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■

 

 

こんにちは、私はファイナンシャル・プランナーの有田敬三です。

中小企業や個人の方へのコンサルティング、セミナーや大学教育での講師など

様々なFPビジネスを行っています。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

   ◆ FPビジネスのレベルアップ  【 生命保険信託の活用法 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 生命保険信託は、保険契約者(委託者)が信託銀行(受託者)と契約し、自分の

 

指示通りに死亡保険金の管理や支払いを信託銀行に委託できる仕組みです。

 

例えば、契約者と被保険者が父で、受取人が母という契約の場合、もし、両親が事故

 

などで同時に亡くなると、父親の死亡保険金を受け取る権利は、子どもが得ること

 

になります。ところが、子どもが未成年であれば、家庭裁判所で未成年後見人の選任

 

手続きをして、未成年後見人が法定代理人として、死亡保険金の請求や子どもが成人

 

するまで(あるいは未成年で結婚するまで)死亡保険金を管理することになります。

 

そうした従来の手続きの煩わしさを解消できるのが生命保険信託の特徴です。

 

つまり、生命保険信託を契約していると、実際に死亡保険金を受け取る人が未成年者

 

であっても、信託銀行が保険金を請求するため、取扱いがスムーズになります。

 

昨年の東日本大震災の後、生命保険信託に注目が集まっているのはそのような背景

 

からのようです。また、家族関係が複雑であったり、保険金の受取人が障害を抱えて

 

いるような場合など、活用の幅は広がりをもっています。

 

 

                          ファイナンシャル・プランナー 有田敬三

家計にチャージ!『お金のサプリ』