無料メールマガジン   バックナンバー

『FPビジネスは楽しい!』 2012/07/20

いつもメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。

■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■

 

     『FPビジネスは楽しい!』       2012/7/20

 

■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□■■■■■

 

 

こんにちは、私はファイナンシャル・プランナーの有田敬三です。

中小企業や個人の方へのコンサルティング、セミナーや大学教育での講師など

様々なFPビジネスを行っています。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

   ◆ FPビジネスのレベルアップ  【 FPの調停機能 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 FP実務として、ご相談者からご自分たちが抱えている問題について調停の役割を

 

期待されることがよくあります。そうした場合、民事訴訟法のような法律的に厳格な

 

ルールが特にあるわけでもなく、もっぱら自分たちの裁量で判断することになりがち

 

です。

 

例えば、次のような分野です。

 

中小零細企業に多いのが、社長交代にともなう役員間の主導権争いで、事業承継に

 

際して多く見受けられる自社株の評価や支配権の課題と関係するものの微妙な違い

 

があります。また、相続処理を巡る親族間のトラブルは争族とも言われるように、

 

今やどこにでもあるテーマです。こうした役割を担うにあたり、幾つかの心得が

 

必要になります。多くの識者の方が述べていることを要約すると次のような内容

 

です。

 

【1】平素から持っている常識や説得力のほかに、もめごとの渦中にある人たち特

 

   有の心理状態に対する理解や接遇の技法が重要となる。

 

【2】ある程度の専門的知識に通じた上での創造的な解決策を提案できること。

 

【3】多くは非公開で、内容が多岐にわたることから、標準化された形での学習が

 

   難しいことが多い。

 

すこぶるデリケートな、人と人との関係の千差万別な出来事に関係することが多い

 

だけに、数多くの臨床的な経験を積むことが大事と言えるでしょう。

 

 

                        ファイナンシャル・プランナー 有田敬三

家計にチャージ!『お金のサプリ』