無料メールマガジン   バックナンバー

『FP専門用語解説』 2012/12/21

◇中小企業退職金共済制度◇

一定規模の中小企業の従業員が加入できて、掛金は全額事業主が負担し全額損金または必要経費となる。1年以上加入すると退職金を一時金もしくは分割で受給できる。個人事業主本人やその配偶者、役員は加入できない。一時金は退職所得、分割金は雑所得(公的年金等控除の対象)の課税対象である。

家計にチャージ!『お金のサプリ』