無料メールマガジン バックナンバー

『FP専門用語解説』 2014/8/1

税の負担能力や政策的理由などから税負担を軽く又は重くするために、一定の所得については、他の所得と合計せずに分離して税額が計算される。分離課税となるものは、土地建物を売ったときの譲渡所得、株式を売ったときの譲渡所得、退職所得、山林所得、利子所得などがある。

 

家計にチャージ!『お金のサプリ』