無料メールマガジン   バックナンバー

『FP専門用語解説』 2015/1/30

◇奥行価格補正率◇

宅地の評価を行う際に、その宅地の奥行があまりにもある場合やあまりにもない場合は、その土地を売却する時の価格が下がることが考えられ、その宅地の路線価は補正(減額)される。その補正割合を奥行価格補正率という。

家計にチャージ!『お金のサプリ』