無料メールマガジン バックナンバー

『FP専門用語解説』 2014/8/29

◇若年者納付猶予制度◇

30歳未満(学生を除く)の第1号被保険者で、本人の前年所得(既婚者の場合は配偶者と合算)が一定以下の場合、保険料全額を猶予し、負担できるようになった時点で保険料追納を可能とする制度である。
納付猶予期間は、合算対象期間となり受給資格期間に入るが、追納がなければ老齢基礎年金額には反映されない。10年前までさかのぼり追納できる。

家計にチャージ!『お金のサプリ』