無料メールマガジン   バックナンバー

『FP専門用語解説』 2012/10/05

◇遺留分減殺請求権◇

遺言による相続分の指定や遺贈、生前贈与などにより遺留分が侵害された場合、遺留分をもつ相続人や承継人は、遺留分の限度まで減殺して取り戻すことができる請求権。相続の開始と減殺すべき遺贈や贈与があったことを知ってから1年間、知らなくても10年間で消滅する。

家計にチャージ!『お金のサプリ』