無料メールマガジン   バックナンバー

『FP専門用語解説』 2013/5/17

◇配偶者控除◇

 

配偶者の合計所得金額が38万円以下のときに、一律38万円を控除できる。例えば、配偶者の所得が給与のみの場合、103万円以内であれば、給与所得控除(65万円)を差し引くと給与所得が38万円になり、配偶者控除の適用を受けることができる。納税者本人の所得制限等はない。

 

家計にチャージ!『お金のサプリ』