無料メールマガジン   バックナンバー

『FP専門用語解説』 2012/7/20

◇高年齢雇用継続給付◇

雇用保険の被保険者であった期間が5年以上ある60歳以上65歳未満の被保険者が、原則、60歳時点の賃金に比べ75%未満に低下した状態で働き続ける場合に支給される。
支給額は、60歳以上65歳未満の各月の賃金が60歳時点の賃金の61%以下に低下した場合は各月賃金の15%相当額となり、61%超75%未満に低下した場合はその低下率に応じて15%相当額未満の額になる。

家計にチャージ!『お金のサプリ』